contact
home

7/25 FRIGYPSY AVALON

大森靖子

ヒリヒリした鋭さがある楽曲内に必ず残されている希望や楽しさ

ライブの定刻時間、”ミッドナイト清純異性交遊”のサウンドが聴こえ始め、オーディエンスたちが会場の後方から大森靖子が現れるだろうと予測している中、まったく予想だにしない出来事が!いや、知る限りではあるが、自転車で客席から登場したりと、毎回変わったことをしているだけに、納得なことでもあるのかもしれないのか…。個人的にはまさか!ではあったのだけど…そう、まずステージに飛び出してきたのは、ナナちゃんというクマのぬいぐるみを抱いた、元BiS(先日解散したばかり)でメグモンの相性で知られるコショージメグミだったのである。携帯で歌詞を見ながら、大森の代わりに”ミッドナイト清純異性交遊”のボーカルを必死に担当するコショージ。

その間、大森はというと、やはり観客の後方から現れ、これも若干目を疑わざるを得ない…という感じなのだけど、炊飯器を持って、炊きたての米をその場にいる観客に配りながらステージに向かって歩いていく。少ししてようやく大森もステージに辿り着くと、そのままコショージとともに歌を。もう、その姿だけで一瞬でガッチリと惹き付けられてしまった。途中、コショージは、ドン・キホーテの黄色袋から何か(お菓子のような…?)を取り出し、観客へ向かって投げていくシーンも。そして、大森が「勝手に(コショージを)出したぞー!」と叫んだ後は、ナナちゃんとコショージの紹介を。コショージからは、「しょうゆ?さとう?やっぱりコショージ!」、「バンギャじゃないモンのマグロ担当コショたん」という元気いっぱいの声が響き渡る(ちなみに、バンギャじゃないもんは、本日結成したユニットなんだとか。ナナちゃんが処女担当で、コショージがマグロ担当、そして、大森はベロチュー担当だそうだ)。

というように、のっけから飛ばしまくりだったのだけど、「ライブやるね」という大森の一声を機に、彼女ただ1人がアコースティックギターを書き鳴らしていくと、一気に雰囲気が変わっていく。さっきまで大盛り上がりしていた観客も、瞬時に大森に意識を集中させる。次いで、”あまい”、”エンドレスダンス”と演奏。そして、〈脱法ハーブ 握手会 風営法 放射能〉というコール&レスポンスから始まったのが”音楽を捨てよ、そして音楽へ”。大森は、誰かに話し掛けるように歌う時もあれば、何かが憑依したとも思えるくらいのある意味叫び声に近い時もあるし、かと思えば、甘えたようなかわいらしい声で歌う時もある。以前「演劇的感覚」とどこかのインタビューで答えていた覚えがあるが、でも、そこにはゾッとするくらいリアルさが浮き出ているのをしみじみ感じた。だからか、聴いていると、なんだか人間が持っている感情という部分の要素をすべてさらけ出されているような気にもなってくるのだ。

終盤での”さようなら”では、ギターを肩からおろし、完全アカペラで披露。もうスピーカーの前に出たり、もたれかかったり、アバロン / NGOのごはんエリアにいる人たちにも訴えかけるように歌っていた。大森の詞には、共通してヒリヒリした痛さや鋭さがありながら、でも、負な要素だけで完結しているという感じではない。99辛辣なことを言っていても、どこか1だけは希望や楽しさが残されているような、そんな感じがした。だから、ライブが終わった後、「うおー!」と歓声があがるのだろうし、「すげぇ、最高」、「泣きそうになった」なんてオーディエンスの声を、あちらこちらで聞くことができたのだろう。そんな彼女は、これ以降もライブが続々と決まっているし、9月18日にはメジャー・デビューシングルとなる『きゅるきゅる』のリリースも決定。ますます、大森節が広がっていってほしいな、と心底思う。

SAME CATEGORY

  • odol READ MORE

    odol

    若さみなぎる衝動を、巧みに表現したロックバンド見参!

    posted on 2014.7.26 00:00

  • Muff READ MORE

    Muff

    変幻自在なリズム

    posted on 2014.7.26 19:30

  • KELIS READ MORE

    KELIS

    艶やかなソウルとグルーヴで魅せた真のディーヴァ

    posted on 2014.7.27 20:00

page top