contact
home

7/25 FRI苗場食堂

苗場音楽突撃隊(池畑潤二/d、松田文/g、井上富雄/b)

鳥羽一郎、降臨。事件は苗場食堂で…。

今年で4回目となる、苗場食堂で毎日19時に起こる”事件”、苗場音楽突撃隊。スマイリー原島のMCで呼び込まれる歴戦の強者たち、まずは母体になるメンバーの池畑潤二(Dr)、松田文(G)、井上富雄(B)、そして細美魚(Key)が、夏と言えばな”十番街の殺人”で、軽く暖機運転。全員、今日のグリーンステージの
オープニングを飾ったROUTE17 Rock’n’Roll ORCHESTRAの面々なので、この場所は早くも2ステージ、3ステージ目というフジロックの顔役たちだ。

そこにROUTE17〜に出演した女性コーラス隊、MIKUNI♡DOLLSの3人が呼び込まれて、つかの間の大人の夏休み気分を盛り上げる”VACATION”が、昭和歌謡の匂いも漂わせて場を盛り上げていく。お次はROUTE17〜の中では若手(!?)と呼ばれているらしいdipのヤマジカズヒデ(G)に加えてMO’SOME TONEBENDERの百々和宏(G)も登場。トリプルギターの抜き差しがスリリングなのだが、「ギター、赤ばっかですね」(百々)という、偶然の一致も楽しい。特にヤマジがドアーズの”ブレイク・オン・スルー”のカバーで絶叫するさまは、dipのひんやりした世界観とひと味違って、ギタースタイルも含め、かなりレアなものを見た気分!

“事件”の現場はまだまだカオスを深めていく。事前アナウンスされてはいたものの、いざそれが現実になると思うとドキドキする。まずはシンガーソングライターの木村竜蔵が呼び込まれる。続いて彼の実父である、鳥羽一郎が招き入れられると、一気に苗場食堂のあの狭いスペースに人が押し寄せる。ちなみに鳥羽一郎の楽曲”晩夏”は木村が父へ提供した楽曲。そのレコーディングに池畑、井上、細魚らが参加している縁で、今回の親子共演と相成ったのだが、まずは鳥羽
さんと言えば”兄弟船”!ロックバンド・アレンジで聴くこの曲は、鳥羽さんのソウルとバンドのソウルが激突・融合。「一郎!」コールも起こるほど、一気の場の空気をかっさらい、続いて”晩夏”も披露。母との関係を描いた繊細な表現は、”海の男”鳥羽一郎の新しい一面だろう。そして、木村竜蔵は清志郎バージョンの”サマータイム・ブルース”で大いに湧かせてくれた。ジャンルは違うけれど、この親にしてこの子ありというか、かっこいい親子だ。

こんなサプライズを投下したんだから、いくらなんでももうゲストもいないだろうと思っていたところに、ROUTE17〜でも登場したトータス松本が!ほとばしるようなブルースを歌い、ハープを吹きまくる。しかも隣には百々がいるという、もはやソウルもオルタナティブも混在している苗場音楽突撃隊。こりゃ、明日もなんらか事件が起こりそうです。

SAME CATEGORY

  • BOOM PAM READ MORE

    BOOM PAM

    カフェ・ド・パリに吹く中東からの海風

    posted on 2014.7.26 17:30

  • YOSSY READ MORE

    YOSSY

    深夜のクリスタル・パレスを異空間に誘う

    posted on 2014.7.26 00:30

  • HUUN HUUR TU READ MORE

    HUUN HUUR TU

    人と自然との結びつきが深く滲む喉歌

    posted on 2014.7.25 21:30

page top