contact
home

7/25 FRICafe de Paris

光風&GREEN MASSIVE

心を歓喜で彩るグルーヴ

苗場のフジロッカーズたちの肌を焦がし続けてきた夏の太陽も、少しずつ雲に覆われてきた夕暮れ前。フジロックの最奥地にあるステージ、カフェ・ド・パリで最高に心地良いグルーヴを奏でオーディエンスの心に熱い火を灯したのが、光風&グリーン・マッシヴの5人だ。ロックステディ、レゲエ、ブルース、ソウル、ファンクをはじめとする様々なルーツ・ミュージックをバックボーンに持つそのサウンドは、初めて彼らの音に触れるオーディエンスを一目惚れさるほど人懐こいポップさと温もりを持っている。

土臭いサウンドにカラフルな色味とアクセントをもたらす小西英理(Piano,Organ&Acc.)と、オーディエンスの熱気を牽引しながら哀愁とエネルギーに満ちた歌声を響かせる浜田光風(Vo.&Gt.)。そして畳みかける痛快なラップで曲のテンションをガラリと塗り替える苧麻(Nyabinghi&MC)と、個性豊かなプレーヤーたちを見ているだけで、ついつい心と体が踊り出す。気がつけばカフェ・ド・パリいっぱいにオーディエンスが集まって、ピースフルなヴァイブスが広がっていった。カフェ・ド・パリのテントはオーディエンスの熱気でむんむん、でも心には気持ち良い風が吹き抜けていくようだ。

圧巻は、ラストに披露した”旗の袂”。「火を灯せ〜」という光風のヴォーカルに応え、オーディエンスがライターの火をかざし、カフェ・ド・パリに温かい灯りが広がっていく。バンドとのコール&レスポンスで盛り上がると、いつまでも続いて欲しいような多幸感あふれるステージはフィナーレ。最後に光風が叫んだ「フジロック、火を灯していこう!」という言葉が、ライブが終わっても胸の中に温かい力を残し続けた。

SAME CATEGORY

  • MATE POWER READ MORE

    MATE POWER

    ドイツ発、南米経由、苗場着。

    posted on 2014.7.25 16:00

  • odol READ MORE

    odol

    若さみなぎる衝動を、巧みに表現したロックバンド見参!

    posted on 2014.7.26 00:00

  • JACK JOHNSON READ MORE

    JACK JOHNSON

    暗くて寒い苗場に海辺のさわやかな風

    posted on 2014.7.27 21:30

page top