contact
home

7/25 FRIROOKIE A GO-GO

ARTIFACT OF INSTANT

凄まじいまでの勢い

23時前。ルーキーエリアにまだ人は少ないが、グリーンステージのヘッドライナーが終わると、急激に人が押し寄せてくるだろう。さて、今年のルーキー・ア・ゴーゴーのトップバッターは、宮崎県を拠点に活動しているロックバンド、ARTIFACT OF INSTANTだ。メンバーは、早衣子(B)、井上峻(G)、キモトリョウスケ(Dr)、飯干達郎(Vo&G)の4人編成である。

幻想的な入場曲が流れる中、見るからに気合いの入ったメンバーがステージに現れる。入場曲が終わると同時に、激しいドラムから曲がスタートした。井上峻がギターを引きながら大きくジャンプしたり、首を激しく振ったりと、それだけ動いてよくギターが弾けるな〜と思うほどの動きを見せて、ステージを盛り上げる。キモトリョウスケは、全身をフルに使い、まるで何かに取り憑かれたかのようにパワフルなドラムを叩き、手数の多い難しそうなフィルを次々と決めていく。早衣子は他のメンバーとは対照的に、淡々とベースラインを弾いて、バンドに安定感をもたらしているように見える。その力強くもバランスがとれたサウンドに、飯干達郎の歌声とともに日本語のメッセージがオーディエンスに届けられていく。

ルーキーに出てくるバンドなのだから当たり前かもしれないが、一人一人の演奏力が高い。そしてもちろん曲もかっこいいのだが、個人的にはこのバンドの一番の魅力は、ステージから伝わってくる「凄まじいまでの勢い」だと感じる。それがあるからこそ初見で見ている人にも、なんかこのバンドかっこいいな〜という印象を与えるのだと思う。その勢いに誘われてか、曲が進むに連れてお客さんがどんどんステージ近くに引き寄せられてきた。

この日は5曲の演奏だったが、どれもただ単純にかっこよく、またライヴを見たくなるバンドだ。10月にはデビューミニアルバムを発売予定なので、ぜひチェックしていただきたい。そして、またフジロックのステージに戻ってきていただきたい。

SAME CATEGORY

  • GOMA READ MORE

    GOMA

    昔と今がつながった奇跡のパフォーマンス

    posted on 2014.7.25 23:30

  • OK GO READ MORE

    OK GO

    レッド・マーキーを埋め尽くした紙吹雪と笑顔と大歓声!

    posted on 2014.7.27 13:55

  • ARCADE FIRE READ MORE

    ARCADE FIRE

    リフレクターに映し出されたもの

    posted on 2014.7.26 21:30

page top