contact
home

7/26 SAT苗場食堂

苗場音楽突撃隊(池畑潤二/d、松田文/g、井上富雄/b)

今日も豪華なゲストが!

前日はまさかの鳥羽一郎親子で盛り上がった苗場食堂で夜19時からおこなわれる苗場音楽突撃隊。何が起きるか期待して苗場食堂ステージの前は人で埋め尽くされていた。この日もスマイリー原島氏のMCでメンバーたちが呼び込まれる。ギターに松田文、キーボードに細海魚、ベースに井上富雄、ドラムに池畑潤二というレギュラーメンバー。そこにモーサムトーン・ベンダーの百々和宏、dipのヤマジカズヒデが参加し、トリプルギターで、ベンチャーズで有名になった「10番街の殺人」を演奏する。夏らしく軽快だけど、百々&ヤマジの攻撃的なギターが堪能できた。

そして、百々とヤマジと入れ替わり、MIKUNI♡DOLLSのケイコットが現れ、まずはパティ・スミスのヴァージョンの「グロリア」。これがすごかった。全身からすごい迫力を発しながら歌う。MCはアイドルっぽいんだけど「グチョグチョのベチョベチョ」など軽い下ネタも絡める。そして、いろんな人のカヴァーで有名なディスコ・クラシック「君の瞳に恋してる(Can’t take my eyes off you )」をカヴァー。池畑のドラムマシーンより正確なドラムが井上富雄のうねるベースと合体し、ディスコビートなんだけど、凶悪としかいいようのない迫力を産み出す。そのグルーヴに乗ってケイコットもすさまじいテンションで歌う。こんなすごい「君の瞳に恋してる」は聴いたことがなかった。

入れ替わってフライング・キッズの浜崎貴司が発熱をおして登場。確かに顔色はよくないけど、サックス奏者(名前失念)と「今、ゴールデンタイム(テレビ業界で19時から22時のこと)じゃないですか?」と「ゴールデンタイム」を歌う。2曲目は「みんなが歌える曲」とタイマーズの「デイ・ドリーム・ビリーバー」。大勢の人たちと合唱して一体感をもたらし、苗場食堂は感動に包まれた。

次に再び百々&ヤマジが登場して百々が「オリジナルだけど、サビのところまでくるとパクりと思われる曲。福岡の伝統芸。『○○○○○ー(自主規制)』みたいに」と「鼻血ぴゅー」。確かにサビの「鼻血ぴゅー」から「ライク・ア・ローリンストン~」と歌うところで、まあ実際は歌いだしのところからわかる人にはわかってしまうけど、「みんなで歌える曲」ではあった。続いてヤマジが「みんなで歌える曲を用意すればよかった」と後悔しながらハウリン・ウルフ(そしてジミ・ヘンドリックスもカヴァー)の「キリング・フロア」をカヴァーした。

2人はそのまま居残り、最後のスペシャルゲストはルースターズ3人目として花田裕之。花田はチャック・ベリーの「アラウンド・アンド・アラウンド」4本のギターが入り乱れることに。最後はサックスも参加して「ルート66」の「66」を「17」に変えて歌う。それぞれのギタリストが自分の色を出し切るソロの応酬がみられた。苗場音楽突撃隊、今日は終わったけど、最終日も豪華なゲストが出る予感!

SAME CATEGORY

  • DJ MAMEZUKA READ MORE

    DJ MAMEZUKA

    前夜祭終了!

    posted on 2014.7.24 23:10

  • READ MORE

    TRAVIS

    雨が降っても降らなくても最高だ!

    posted on 2014.7.26 15:50

  • Dachambo READ MORE

    Dachambo

    真夏の日差しに1年振りに帰ってきた快楽的サイケデリック・サウンド

    posted on 2014.7.25 14:30

page top