contact
home

7/27 SUNWHITE STAGE

OGRE YOU ASSHOLE

ホワイトのPAマジックも更新

ただでさえ、毎回異なるアレンジでライブをしている最近のオウガと、フジロッカーズなら知ってるはずの「ホワイトステージのPAマジック」が邂逅し、とてつもない時間になってしまった。そう。例えばDRY &HEAVYと内田氏、そして言わずもがなな、ゆらゆら帝国での佐々木氏と中村氏のタッグは印象深い。そしてその佐々木、中村両氏はOGRE YOU ASSHOLEのPAも担当している。しかも今日は両氏に加え、作品のプロデューサーの石原氏も加わってホワイトのPAを担当しているという。

小雨の中、ステージに登場し、定位置についた4人。勝浦隆嗣(Dr)のキックの重さ、出戸学(Vo,G)がスライドバーで鳴らすカモメの鳴き声のようなサウンドに早くも嬌声が上がる。何度もその姿を変化させてきた”ロープ”がゆっくり動き始める。出戸の語尾をステレオアクションで飛ばすのはちょっと愛嬌さえ感じたのだが、なんと言っても野外でこの重低音は得難い経験だ。続いて現状、リリースされている中では新しいナンバー、”見えないルール”。”ロープ”に続いて反復ビートに覚醒していく、クラウトロック的な進行なのだが、随所でかなり飛び道具っぽくダビーなサウンド処理がなされるのも楽しい。

長尺の2曲を終えて「あー、オウガ・ユー・アスホールと言います」と、本当に挨拶だけした出戸。さっそく大いに変貌を遂げた”フラッグ”へ突入。いわゆるナントカ節のリズムから重心の低い四つ打ちに展開していくオウガ流のファンクと言える最新版だ。印象的なのは出戸のボーカルが強く放たれていること。一時期の音の一部のようなニュアンスよりは、よりはっきり歌が意識されていた。

そして冷徹な印象すら与える、メタリックな打音のスネアがちょっと怖い”素敵な予感”。この曲でのPAはもう鬼!地面のあらゆるところがうごめいているように、重低音が這ってはこちらに向かってくる。ツインベースという異色の編成はこの曲だけだったが、それもこの効果の大きな要因だろう。歌の内容もフェスの享楽的な空間に冷水をぶっかけるような感じを受けるが、音と相まって轟音の中にいながら覚醒することも音楽の楽しさだ。ひたすらスライドバーをフレット上で移動させながらオーディエンスの意識をコントロールする出戸も十分、悪魔的だなと思うけど(笑)。

そして最後の曲であることを告げると、再び”ロープ”のイントロが。もちろんまったく違うアレンジで、ベースの清水隆史(Ba)はこの曲でだけピックで弾いている。そのことだけでも音がソリッドになり、さらに馬渕啓(G)はそれまで単音フレーズを淡々と弾く場面が多かったのが、”ザ・サイケデリア”な激しいフレーズを連発。強く弾く、叩くことでエクストリームになっていく生々しい人間のダイナミズムが横溢する演奏をホワイトではマキシマムな音量で放出。ここにある山々が崩落するんじゃないかと不安になるほどのボリュームと圧だった。

もちろん意思と力量のあるバンドとエンジニアがいなければ実現しないことだが、”ホワイトステージの奇跡2014年”バージョンだったのはまちがいないだろう。あ、そういえばジェイムス・ブレイクのPAも恐ろしいほどいい音だった。これも言わずもがなか。

SAME CATEGORY

  • CYRIL HAHN READ MORE

    CYRIL HAHN

    トラブルもフジロックのひとつ

    posted on 2014.7.27 02:15

  • YOSSY READ MORE

    YOSSY

    深夜のクリスタル・パレスを異空間に誘う

    posted on 2014.7.26 00:30

  • OK GO READ MORE

    OK GO

    レッド・マーキーを埋め尽くした紙吹雪と笑顔と大歓声!

    posted on 2014.7.27 13:55

page top