contact
home

7/27 SUNFIELD OF HEAVEN

NORMAN WATT- ROY

黄金色に輝き、うねるベース

こんなに動く人だったとは!

盟友のギタリスト・ウィルコ・ジョンソンと一緒にステージに立ちベースを弾くときは、ウィルコの神がかり的な動きに目を奪われるので、ノーマン・ワットロイがこんなに動く人だったとは思わなかった。うねる重たいベースでグルーヴを生み出しながらクネクネとしている様は、ウィルコとの姿しか知らない者としては、非常に新鮮だった。

フジロック3日目フィールド・オブ・ヘヴン。この日は雨が降ったり止んだりで、レインウエア姿が多い。救いは地面がぬかるむほどの雨ではないということ。前日と比べて下がった気温もむしろちょうどいいくらい。

だいたい開演予定時刻に、メンバー揃って登場する。ステージ中央にノーマン、下手にキーボードのロス・スタンレー、上手にサックスorアコーディオンのジラッド・アツモン、後方にドラムスのアザフ・シルキシという編成である。まずは、ノーマンが在籍していたイアン・デューリー・アンド・ザ・ブロックヘッズの「ヒット・ミー・ウィズ・ユア・リズム・スティック」で始まる。ゴールドの塗装が施されたベースを、身体をクネクネさせ、左右に動き回りながら演奏する。ヴォーカルはノーマン自身のほか、主にサックスを吹いたジラッドがとるときもある。

この日はロックンロール色が少なく、ファンク、ジャズフュージョン寄りの演奏だった。その中でも、ワールドミュージック的な「ワチュ・ワ」、ビートルズの「デイ・トリッパー」やフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」の引用、タージ・マハルのカヴァーなど豊富なキャリアと音楽的背景をもとに多彩なメニューで飽きさせない。自身の半生を語りながら演奏される「ミー、マイ・ベース&アイ」や「ノーマン、ノーマン」という掛け声が印象的なタイトルもそのまんまの「ノーマン、ノーマン」など、最初は寂しいかなと思ったステージ前も演奏が進んでいくうちに徐々にいい感じで埋まってきて、最後は盛り上げて終わったのだった。

SAME CATEGORY

  • MIYAVI READ MORE

    MIYAVI

    疾走するサムライ・ギタリスト、フジ初登場!

    posted on 2014.7.25 13:30

  • 加藤登紀子 READ MORE

    加藤登紀子

    お登紀さんの「ホーム」はフィールド・オブ・ヘブン

    posted on 2014.7.26 14:00

  • →Pia-no-jaC← READ MORE

    →Pia-no-jaC←

    音で全力でコミュニケーションを取るということ

    posted on 2014.7.27 21:50

page top