contact
home

7/27 SUNORANGE COURT

THE King ALL STARS

幸せだなァ……フジに若大将がいる風景

若大将=加山雄三が、ついにフジロックにやって来た!加山雄三を中心に、キヨサク(Vo)、佐藤タイジ(G/Cho)、名越由貴夫(G、Co/SS/gZ)、ウエノコウジ(B)、武藤昭平(Dr、勝手にしやがれ)、高野勲(Key)、山本健太(Key)、タブゾンビ(Tp)という錚々たるメンバーがそろったザ キング オール スターズ。加山雄三が「フジロッカーズ、準備はいいか?」と煽ると、オレンジコートいっぱいのオーディエンスからは大歓声が上がる。

THE King ALL STARSは、若大将が愛して止まないエルビス・プレスリーをはじめとするロカビリーロックを中心とした楽曲を、若大将の低く濃密な歌声と、豪華バンドの華やかなサウンドを聞かせるバンドだ。オレンジコート中を踊らせる痛快なロカビリーを鳴らしたと思えば、突如、若大将の名曲”夜空の星”を演奏し、大ハンドクラップ&シンガロングを呼び起こす。共にステージでオレンジコートを煽るキヨサクに向かって、「お前のそばにいると、俺が少し細く見えるよ」と若大将。そんな若大将が作詞作曲した”I Feel So Fine”では、佐藤タイジと武藤昭平がデュエットする。さらに若大将とタイジとのギターの掛け合いを見せ、オーディエンスを大いに盛り上げた。

「本当はロックンロールで行きたかったんだ、最初から。でも、なんだかゆっくりした曲が流行ってて、そっちに行っちゃったんだな」となんだかぶっちゃけ始める若大将。やっぱりプレスリーが好きでたまらないんだな。「プレスリーはエレキは弾かないから」とアコースティックギターに持ち替えて演奏したり、オレンジコートを見回して「ノッてるかね?」と尋ねたり、本当に楽しそうにイキイキとプレイしている。そんな若大将の興奮がオーディエンスにも伝播して、オレンジコートはこの上なく幸福な一体感に包まれる。フジロッカーを完全に心酔させてしまう若大将の存在感は圧巻のひと言だ。佐藤タイジが作詞作曲した”未来の水平線”、『Pulp Fiction』にも使われた”Misirlou”と、7月にリリースしたばかりのアルバム『ROCK FEST.』に収録されたエレキサウンドなナンバーに、オーディエンスの盛り上がりは留まるところを知らない。

「すごく良いバンドが集まって、俺、みんなの前ですっげえ幸せ」という若大将のMCに続き、タブゾンビのトランペットが演奏するのは、あの”君といつまでも”のイントロだ!演奏に合わせてオーディエンスの手がゆっくりと揺れて、オレンジコートの多幸感は最高潮に昇りつめる。若大将は曲間の語りのところを「幸せだなァ……みんなのような素敵なオーディエンスがいて、こんなに幸せなことはない。そして僕はこのバンドをずっと続けたいぞ、いいだろう……」と語ってオーディエンスを歓喜させる。”君といつまでも”の余韻が残る中、今度はキーボードに座った若大将。「盛り上がらんかい!どう考えても(加山雄三が)一番先輩やん!」佐藤タイジが煽ると、オーディエンスからは若大将コール。若大将がキーボードの弾き語りで歌ったのは、”海 その愛”だ!思いっきり山の中のオレンジコートに「海よ俺の海よ」とオーディエンスの大合唱が巻き起こる。嬉しそうに何度もオレンジコートを見回し、「ありがとう!」と叫んだ加山雄三の優しい笑顔は、今年のフジロックの忘れられない思い出になった。

ロックンロールへの無邪気な憧れと、キャリアが成せる貫禄。その二つが共存し、オレンジコートに至福の時間をもたらしたTHE King ALL STARSのステージは、想像以上の楽しさをもたらしてくれた。若大将の懐の深さに居合わせたすべてのオーディエンスがガッシリと抱かれた、幸せすぎるひと時だった。

SAME CATEGORY

  • SHANK READ MORE

    SHANK

    苗場まで届いた長崎の音楽!

    posted on 2014.7.25 12:40

  • LUCHA VAVOOM READ MORE

    LUCHA VAVOOM

    見ないと損!プロレスエンターテイメント!

    posted on 2014.7.24 22:00

  • YOSSY READ MORE

    YOSSY

    深夜のクリスタル・パレスを異空間に誘う

    posted on 2014.7.26 00:30

page top