contact
home

7/27 SUN苗場食堂

苗場音楽突撃隊(池畑潤二/d、松田文/g、井上富雄/b)

豪華すぎた苗場音楽突撃隊。ラストは、ルースターズ集結!

フジロック最終日の苗場食堂。豪華ゲストを楽しみにしてか、先ほどグリーンステージのライヴを終えたばかりのルースターズのメンバーを見ようとしてか、開始前にもかかわらず、ステージの周りは人で溢れかえっている。

司会進行役のスマイリー原島によって、メンバーが呼び込まれる。ギターの松田文と百々和宏(今日は最初から登場)、キーボードの細海魚、ベースの井上富雄、ドラムの池畑潤二。今日も“十番街の殺人”からライヴはスタートする。しかし、いきなりベースの音がでないアクシデントが発生。もう1度演奏しなおすも、次はチューニングがあっておらず曲を止める。チューニングをしていると、スマイリー原島が「大将から許可がでました。最終日はどれだけ押してもいいそうです(笑)」。会場からは笑いと歓声が上がる。そして気を取り直して“十番街の殺人”を軽やかに演奏した。

昨日に引き続き、トップバッターとしてMIKUNI♡DOLLSのケイコットが現れ、迫力たっぷりの歌声で会場を盛り上げた。次のゲストは、クリス・ペプラー。その素敵な声で話し始めると、観客から「声がいい〜」というため息がもれる。そしてサックスの田中邦和と青木ケイタも加わり、“20th Century Boy”を演奏。クリス・ペプラーは重圧感のあるベースラインを弾きながら、その低音ヴォイスで観客を魅了。ベースソロも披露した。次の“Gimme Shelter”ではケイコットが加わり、2人の迫力ある歌声が絡み合う。

続いては、地元でお店をしている、つくし亭のフミヤさんと東屋のフジカワさんが昨年に引き続き登場。客席からは、「フミヤ〜、アズマヤ〜」と声援が上がる。2度目ということで、昨年より落ち着いているようだ。さらに、これまた先ほどライヴを終えたばかりの花田裕之が加わり、ビートルズの“Something”とニール・ヤングの“Heart Of Gold”を披露した。

最後のゲストは、今年のフジロックのステージに数多く登場しているTOSHI-LOW。「オープニングではルースターズを歌わせてもらいましたが、こうやってメンバーをみたら、ルースターズであるけどもMOGAMIでもあるじゃないかと思って、リクエストさせていただきました」といって、始まったのはSIONの“俺の声”。TOSHI-LOWの感情をむき出しにした歌声に観客は聞き入った。続いての曲は、オープニングでも演奏した“レザー・ブーツ”。「大丈夫だよ。今日は飛び込まないから」とTOSHI-LOWが冗談めかす。そして曲の途中でなんと大江慎也が登場。酔っぱらった様子でノリノリだ。これで、つい先ほどのグリーンステージに続いて、この苗場食堂に再びルースターズのメンバーが揃ったのだ。

最後の曲は“Higher”。大江慎也が、「次は日の丸タクシーの歌です」というと一瞬会場がキョトンとする。すかさずスマイリー原島が、「笑うとこだよ、みんな」とつぶやき、「ハイヤーという曲をやるから、タクシーのハイヤーにかけて、日の丸を呼ぶみたいな、大江さん渾身のレジェンドギャグ」とTOSHI−LOWが説明すると、会場は爆笑に包まれた。曲の終盤に、「最後、担いでもらっていいですか?」というと、観客が前方に詰め寄りTOSHI-LOWを担ぎ上げる。TOSHI-LOWとステージ上のメンバー、そして観客全員で「ハイヤー」の大合唱が起き、会場の熱が最高潮に上がってライヴは終了した。

3日間にわたり豪華なゲストを迎えて、多くの観客を楽しませてくれた苗場音楽突撃隊も今年はこれで終了だ。また来年、どんなゲストがやってきて、どんな競演をしてくれるのか、今から楽しみである。

SAME CATEGORY

page top