contact
home

7/27 SUNRED MARQUEE

CHET FAKER

心地よい音色

グリーン・ステージではクロージング・アクトのTHE POGUESがライヴ中だが、深夜のレッドマーキーはこれから祭りのフィナーレに向かってスタートしたばかりだ。深夜一発目のBUFFALO DAUGHTERからバトンをもらったのは、ジャズを愛するエレクトロ・ミュージシャン、Chet Faker (チェット・フェイカー)。アメリカで国民的イベントのひとつとされる、スーパーボウルの合間に流れるビールのCM(アメリカで一番放送権料が高い枠とされている)で楽曲が使われるなど、ジワジワと知名度が上がってきている注目のアーティストである。

彼の名前を見て、むむッ!?と思ったあなたはさぞかしジャズがお好きなことだろう(ジャズ・トランペティストChet Bakerへのオマージュ「Faker=偽物」なのでBをFと書き換えてる)。とはいっても、彼はジャズを演奏するわけではなくて、エレクトロ・ミュージックをレッドマーキーに届けに来ているので、「ジャズが演奏されるのか!?」と思った人は肩透かしを食らったかもしれない。

1stアルバム『Built On Glass』のナンバーを中心に演奏しながら、オーディエンスにゆったりとした心地よさを届けていく。序盤、中盤、終盤とほとんど隙がなく、とろけるようなエレクトロニカの音色とその歌声でオーディエンスを陶酔させていた。驚くべきこと彼はまだ20代前半、これからの活躍が楽しみである。

SAME CATEGORY

  • MATE POWER READ MORE

    MATE POWER

    ドイツ発、南米経由、苗場着。

    posted on 2014.7.25 16:00

  • 児玉奈央 READ MORE

    児玉奈央

    木々と歌に包まれた優しい時間

    posted on 2014.7.26 16:50

  • Nabowa READ MORE

    Nabowa

    4人それぞれの個性を色濃く出しながら、糸を編むように音と音を紡ぐ

    posted on 2014.7.25 11:30

page top