contact
home

7/27 SUNROOKIE A GO-GO

Yogee New Waves

溢れ出るセンス

既にグリーンステージの演奏も終わり、いよいよフジロックも残すところあとわずかである。ルーキー・ア・ゴーゴーの深夜2時に登場するのは、東京出身の4人組バンドYogee New Wavesだ。昨年結成したばかりにもかかわらず、4月に限定リリースした『CLIMAX NIGHT e.p.』が話題となっており、ステージ前にはたくさんの人が集まっていた。

SEの中で「フジロック」というサンプリングしたフレーズを遊び心たっぷりに鳴らし、観客のテンションが上がっていく中、メンバーが登場する。「フジロ〜ック」という言葉とともにライヴがスタートだ。ゆっくりと1曲目が始まり、やわらかいギターの音色とヴォーカルの声で、ルーキー・ア・ゴーゴーが彼らの空気に包まれ、徐々に心地よい空間が出来上がっていく。ポップな中にも、どこか陰のある独特の雰囲気とサウンドが、聞いている者を魅了する。そして、その歌や曲の展開、音の1つ1つに溢れ出るほどのセンスを感じるのだ。

ひときわ印象に残ったのは角舘(Vo.Gt)の存在感だ。歌い方や何気ない振る舞いの1つ1つが魅力的で絵になる。MCでは、「なんですかこの人数は、お目が高い。ありがとー」、「もしかしたらここにいる人たちはYogee New Wavesを見て、(フジロックでのライヴが)最後かもしれないじゃないですか、やばいですねー」と、最初に「特に言うことはないですね」と言っておきながら、淡々とトークを続けていた。

「またどっかで会いましょう。さよなら」と言って“CLIMAX NIGHT”が始まると、観客からは大きな歓声が起きる。イントロで印象的なメロディーラインをギターが奏でると、ライヴはクライマックスを迎えていく。前方では観客が手を上げて気持ち良さそうに踊っている。彼らの音楽はシティ・ポップと言われているが、この“CLIMAX NIGHT”をはじめ、大自然に包まれた深夜の苗場に、本当によく合っていた。

MCで話していた通り、私のフジロックの最後のライヴはYogee New Wavesだったわけだが、心地よい余韻が残り、幸せな気持ちにしてくれた。9月には待望の1stアルバム『PARAISO』を発売予定で、今後の彼らの活動から目を離せない。

SAME CATEGORY

  • 大森靖子 READ MORE

    大森靖子

    ヒリヒリした鋭さがある楽曲内に必ず残されている希望や楽しさ

    posted on 2014.7.25 18:45

  • KELIS READ MORE

    KELIS

    艶やかなソウルとグルーヴで魅せた真のディーヴァ

    posted on 2014.7.27 20:00

  • Gotch READ MORE

    Gotch

    ありのままの後藤正文と仲間たち

    posted on 2014.7.26 16:30

page top