contact
home

7/27 SUNRED MARQUEE

MR.SCRUFF

brand new Scruff tune

チェット・フェイカーのライヴのあと登場したのは、ミスター・スクラフことアンディー・カーシー。テクノ、ヒップホップ、ジャズ、レゲエ、ラテン、ディスコ、ハウス、ブレイクス、ファンク…とありとあらゆる音楽スタイルをミックスする、今やNinja Tuneを代表するアーティストとなった彼が二時間を超えるセットで登場だ。しばしの転換準備のあと、スクラフが登場し、熱い声援のなかでむかえられる。

一曲目にスピンしたのは、なんと自身の楽曲である “Test The Sound”。アナログコレクターとしても有名で、たくさんの曲を回せられる音楽的ボキャブラリーがあるにもかかわらず、自分の曲をチョイスしたというのはなかなかに面白い。キラー・チューンを投下することでスタートダッシュをするような幕開けではなく、徐々にテンポをつけていき、フロアの熱量をグイグイと上げていく構成だ。

中盤にはThe Charlie Calello Orchestraの“Sing Sing Sing”を流し、フロアをダンスフロアへと様変わりさせる。この時間帯のレッドマーキーは多種多様な聴き方があって本当に面白い 。アンディーの流す曲がジャンルレスだからこそ、これだけの人が集まってくるのかもしれないが、ダンスバトルをする人、スピーカー真下で音楽に聴き入る人、ゆらゆらと身体をゆらしながら聴く人、サイリウムを振る人…とさまざまだ。

終始、映像には彼が「ポテトスタイル」と語る特徴的なデザインのキャラクターや文字が映し出され(アンディー本人が制作を手掛けている)、視覚的にも楽しむことができるセットとなっていた(ついには映像に「brand new Scruff tune」という文字まで飛び出てくる始末)。最後の最後までパーティー・チューンをスピンし、まだまだ遊び足りないオーディエンスをレッドマーキーに次々と流れ込ませることに成功させ、溺れたエビの検死報告書にバトンを繋いだ。

SAME CATEGORY

  • SBTRKT READ MORE

    SBTRKT

    マルチな才能に踊らされて

    posted on 2014.7.27 18:20

  • JUNGLE READ MORE

    JUNGLE

    金色の光を纏った多幸感サウンド

    posted on 2014.7.25 23:30

  • THE QEMISTS READ MORE

    THE QEMISTS

    灼熱のホワイトに現れた、邦洋の垣根を吹っ飛ばす爆音モッシュ・ピット!

    posted on 2014.7.26 16:30

page top